終わりよければ
友人の多くはパソコンをやっていない。それは、パソコンが扱えないというのではなく、友人たちなりの喜びや楽しみがあり、私とは違った世界観を生きていて、良い時間を過ごしているのを知っているからやらないことに違和感はない。ただ、やっていて本当に良かったと思っている私にとっては、数え上げたらきりがないほどに沢山の恩恵を受けたと感じているので、その思いを共有できたらいいなぁと・・・。そんなに大好きなパソコンなのに、今は殆ど立ち上げることなく過ごしている。それは、息子と過ごす時間が格段に増えていったから。今年の1年間は、長い間の疲れから解放し休養させてあげたかったのと、私の力になって欲しかったので就職させなかった。来年からは、いよいよ社会人となる。もう、こんなに長い休みはないのでしょうねと考えると寂しいけれど、本当に良い時間が過ごせたなって感じている。ゆったりとした時間の流れの中で、教えてあげることが山ほどあり、息子も落ち着いてよく学んでくれたと思う。これからは少しずつ自立をし、自分自身を生きていってくれるのかな~。私も肩の荷が下ろせそうなので、ここからまた一歩を踏み出せそう。毎年、クリスマスカードを送ってくれていた友人から、声を届けるのもいいかな~って思ったので、と言って電話をくれた。1年間、話すことも会うこともしない友人関係だけれど、それでも切れることのなく優しい気持ちが流れる、こういう関係性で十分満足している。来年は、体調を整えて友人たちとも会いたいな、という気持ちが芽生えつつあるのはとっても良い傾向なのかもしれない。もっともっとしっかりと生きていかねばとの目標を定めたけれど、もう大丈夫そう。なお、安らかに運命愛を志向中。

来年が、皆様にとってより良き1年でありますように…。

Diana Ross & Westlife
When You Tell Me That You Love Me
音楽って素晴らしい~♪
[PR]
# by akarenge | 2012-12-26 17:25 | 思うことありて
選挙雑感
12月14日、期日前投票のために夫が帰宅した。3年ぶりだったけれど、お互いの口から出た最初の言葉は、変わらないね…若いねだった。60代に入ってからの3年のブランクは、若い頃と違って年々の変化も大きく、老いは加速度的に進んでいる。特に、急激に痩せてからの私はやつれ果てて老婆のようだった。夫が帰宅すると分かった1ヶ月ほど前から、少しは磨きをかけてみようとの思いに至り、せめて、この悲惨な状態からは脱却したいと頑張ってみた。結果は、夫からの思わぬ優しい言葉に戸惑うほどだったし、改めて自分を見つめ返し、淡々と生きてはいても早枯れしては勿体ないな感じた。嫌なことはもうやらないと決めて、自分に超甘々な緩い時間を過ごしながらも、リハビリに精を出し、治る力の再発見ができたことは、やはり、気持ちに余裕ができたからなのでしょう。毎晩、床に入ると思い出しては落ち込んで悲しかった母のことも、昨晩は考えることなくコトリと眠りに落ちていた。これからも、何度も何度も思い出すことでしょうけれど、素直に懐かしめるようになっていなければね。やっと自分に支点を置けるようになって、今が幸せであることに気づいたり、友人以上夫未満という夫婦関係も、サラリとした友人関係も本当に心地よい。
一方で、遅々として進まない災害の復興には怒りを抑えて我慢をしている私がいる。まもなく2年になりなんとしているのに、既得権益にしがみついていたり、復興予算を流用したりと本当にイライラしていた。民主党政権下で起きてしまった東北の震災は不幸だったとしか言いようがない。解散してくれてホッとしている。政策が本格的に動き出すのは来年以降になるのでしょうけれど、早く進めてくれることを切に願っている。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-12-22 17:34 | 備忘録
間違いから…
人生で一番エキサイティングだった28年前、職場への途中にあったマックで、コーヒーを飲んでから出勤していた。その店内に流れていたBGMの歌手の声が気になって、店員さんに、誰が歌っているのかをたずねたところ、「角松敏生」ですよと教えられた。翌日、テープ(ウォークマン用)を購入し聞いてみると、なんとなく声の雰囲気が違う。この人ではないナァと思いながらも、シティポップなリズムの軽快さと、私の耳には和む声質と違和感のなさに、通勤途中の道すがらをズッと聞き続けることとなった。後々、件の声の主は「稲垣純一」だったのだとわかったけれど、この間違いが無ければ、絶対に知ることはなかったでしょう「角松敏生」さん。しっかりと我が青春の1ページに刻み込まれている。最近、YouTubeで聞き返しているけれど、懐かしくて胸がキュンとなる。人生って、こんな偶然が積み重なって流れて行くのでしょうねぇ。音楽って、ほんと素晴らしい。いい思い出しか甦ってこないし、疲れ切っている体も、すさみそうな心も、一瞬で浄化してくれる。胸いっぱいに広がる恍惚感は、細胞の一つ一つに沁みこんでいき、病気療養中の身にとって、これ以上の薬はないのかもしれないなって思ったりもしている。音楽で病気を治すなんて信じきれずにいたけれど、緩和ケアにはなってくれそうなので、音楽療法も取り入れてみることにした。結果は考えずに、ただ身を任せてみよう。考えてみれば、人との出逢いも偶然の賜物で、その人間関係から学ぶものは計り知れないほどに多かった。この経験無くして、今の私の精神的な落ち着きは無いと断言できる。体調が悪く下降の一途をたどっていた頃は、人と関わることや、気持ちを寄せる作業が苦しくて難しくなってしまっていた。それが大きな要因となったのか?徐々に限られた友人たちのみとの交流に落ち着いてきている。そのこともまた偶然の結果なのでしょうね。私の思考回路はミスの連続だった。それらを、長い時間をかけて、軌道修正しながら、夫とも、友人たちとも、良い距離感を保ちながらの関係性が構築できたことは、本当にありがたい。一朝一夕に出来るものではなかったけれど、ここに至れたことで、人生に悔いなしと言えるのかもしれない。なお、安らかに運命愛を志向中。

今日は、フレディー・マーキュリーの命日。音楽って、ほんと素晴らしい♪
[PR]
# by akarenge | 2012-11-24 15:00 | 思うことありて
嫌なことはもうやらない
来年は、65歳になるので社会的には高齢者のカテゴリーに入る。年のことなんて言わずに、若々しくいようと思うほうがいいわよという人もいるけれど、人はそれぞれに細胞レベルで違うのだから肉体的に抗し難いことが沢山ある。老いに負けないというその精神性には大いに賛同できても、私的にはあまり無理はしたくない。更年期のあの泥沼のような十数年間を乗り切ってみて、それがはっきりと感じられるようになったから…。昨年、息子が「療育手帳」を取得してから、少しずつではあるけれど、嫌なことはやらなくてもいいよと、自分を許してあげることにした。夫とも、数年前から、お互いにどんな理由や事情があるにせよ、選択の自由と拒否する権利を持ちましょうと話し合って、まずは、強要しない、させないと結論づけ、その環境を整えた。結果、不思議なことに、嫌だと思うことが少なくなってきている。今までだったら、逃げてしまいたいなと感じていたことでも、嫌々ではなくすんなりとこなせている。これは、善意という拡張子が開かれた瞬間だったのかもしれない。人が書いた線の上ではなく、自分で引いたそれは確固たる主体性という新たな道を歩ませてくれている。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-11-15 17:45 | 思うことありて
病の克服?
ips細胞の発見によって、病の克服も夢ではなくなったのかもしれない。数年後、数十年後と先は長いけれど、手掛かりがつかめているだけでも希望がふくらむ。昨年から始めた関節のためのリハビリ、これが、痛くて…辛くて…何度も挫けそうになった。でも、スポーツ選手やダンサーが、怪我の回復のためのリハビリを、苦渋の表情を浮かべながらも頑張っている姿を思い出し、まずは、1年間は逃げないと決めた。それを超えたところに寛解があると信じて…。それでも、半年くらいは、改善しているのかしていないのかが定かではなく、このままでいいのかなとの疑念がよぎりはしたけれど迷いはなかった。1年が過ぎるころには、まさに継続は力なりで、しっかりと結果がでている。可動域の維持管理には努力あるのみ、ここが頑張りどころかナ。まだまだ痛みが完全に消えてはいなくても、日常生活には何の支障も感じていない。そして、潰瘍性大腸炎も全く姿を見せることはなく、普通に食事をし外食もできるようになっている。ただ、人との会食には自信がないので総てお断りしている。それでも待ってくれている友。それでもなお、できればお目にかかりたいと電話をくれる友人には、申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいになる。ふりかえれば、友人関係が激変し始めたのは、更年期を過ぎたあたりからだったように思う。ほとんどの人とは没交渉となり、無理をしなくても良い関係の人たちだけが残ってくれている。こういう緩い関係が維持できていることが、病の克服には大切なのでしょうね。そして今、こんなに楽に、無理をせず、自由気ままにまったりと過ごさせてくれている夫にも感謝している。人生ってホント分からない、何が起きるのか、どんなことが待っているのか、どう変化するのか、明日があるのか無いのかも。人が書いた線の上ではなく、自分が書いた線ならば、間違っていても納得できるし後悔も少ないでしょう。だから、自分がいいと思う今日を今を息子と楽しんで暮らすことに専心。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-11-06 14:31 | 病気
目的を持って信念を貫く
山中伸弥教授のノーベル賞受賞は、久しぶりに心から喜んだ。それと同時に、難病克服のために尽力したいとの心強い言葉に胸を熱くした。そして、順天堂大学医学部の心臓血管外科教授・天野篤医師の患者さんに対する真摯さに、昂揚感を抑えようがなく泣いてしまった。それは、28歳の若さで逝ってしまったmちゃんこと以降、何故、私は生かされているのか、また、どうして病気ばかりしているのかと考えることが多くなっていたからなのかもしれない。食事やストレスに気をつけ、ハードワークにならないようにと十分配慮していたのに、病気から逃れられなかったのは、私の内面に問題があって、グズグズ・ダラダラと思考の堂々巡りばかりしてきたことが大きな要因なのだということも分かっている。そのことを嫌というほど認識しているのに、抜け出せずいる自分自身にバーン・アウトしてしまいそうだった。でも、山中教授や天野医師の生き方にその答えがあったのだ…。今回のこの「気づき」で抜け出せなかったら、もう永遠に変われないような気がしている。食事や睡眠、心の安定とか、そういうことも大事ではあるけれど、目的に立ち向かっていく強い信念が本当に大切なのだなって痛感。私のモチベーションを上げてくれる最大の拡張子は息子。その息子のために生きていてあげたいとの強い思いが病気に打ち勝ってきていたのよね。精神論だけで問題を解決するのは好きではないけれど、私は自分の精神の弱さを知っているから、今回だけは、精神論で問題の解決を図ることが合っていたように思う。それにしても強くなったなぁ~、夫にも負けてはいないのだから。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-10-11 18:33 | 備忘録
出生前診断
科学の進歩は著しいので「出生前診断」が可能になったことには驚かなかったけれど、正確率が100%では無いこの検査を実施してしまうことには、何とも言えない気持ちが沸々とした。とは言え、母体や経済的な理由での中絶が認められていることを考えれば、同等として浸透していくのかもしれない。それは、人それぞれの考えかたなので、他人がとやかく言うことでもないでしょうし、現実を知っている私としては、当事者に任せるしかないのかなと思っている。私は高齢出産だったけれど、当時としての出生前診断を受ける気は毛頭なかった。後々「しょうがい」があるとわかった時も、育てることの楽しみに気持ちがシフトしていたこともあって、息子が愛おしく、可愛くてしかたがなかったことを記憶している。そして今、息子がいることを心から幸せだと感じている。それにしても、クローンやテロメアの研究が進めば、永遠とはいかなくとも、格段に寿命は延ばせるのでしょうね。でも、精神はついていけるのかしら?その精神にも介入し、思考回路の最適化までが図られるのかしら?う~~ん、頭がこんがらかってきた。国家や地球の不安定さを考えると、個人的には、自然の流れのままに生きて終われるのがいいナ。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-09-18 11:31 | 思うことありて
最高の楽しみ
昨日は、息子の誕生日を祝うために外出をした。いつもの日とかわらないね。でも、今日は特別な日だね…なんて言いながらも、いつもと変わらないことを感謝した。成人した息子と、ちょいちょいお出かけをするという図は想像だにしていなかったけれど、関節痛で荷物が持てなくなってしまった私の荷物持ちとして、どこへでも一緒に行くようになり、その延長線上にお出かけが待っていた。平素は静かに過ごしていても、体調の良い時にはよく外出をして楽しんでいた。これから、このお出かけも楽しみなのではあるけれど、最高と名のつく楽しみごとがある。それは、隣町にある図書館が来年の春にニューオープンすること。「エクラス・タワー」という高層マンションのツーフロアが図書館になる予定で、現在の狭小図書館では叶えられなかった蔵書数が期待できることや、閲覧室がグッツと広くなるということが嬉しい。距離的にも、わが家から徒歩20分ほどなので、ウオーキングにもベストだしと申し分がない。本は、私の人生から退屈という言葉を消し去ってくれた。その本が、もっともっと身近に感じられるようになることは間違いなし。こんなささやかなことに大きな喜びを感じられる私は、安上がりなハッピーな人だなって笑ってしまった。小さな喜びのミルフィーユ、こういう積み重ねが体を回復に向かわせてくれるのでしょう。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-09-13 16:38 | 備忘録
四半世紀
明日は息子の25歳の誕生日。その時間軸の途中では、断腸の思いを生きていた時期もあったけれど、過ぎてしまえば良い思い出ばかり。それは今が幸せだから感じられることなのでしょうね。大変ではあったけれど、経験してきて本当に良かった。なによりも、息子を介して知り合った人たちからは、沢山のことを学ばせていただいたし、よくぞこの人と出逢えたナ~という奇跡に何度感謝したことか。そういう存在があったからこそ私の精神は壊れずにすんだのだと考えている。息子くん、生まれてきてくれて本当にありがとうネ。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-09-11 11:09 | 備忘録
ひたすらに静かに
一昨年、とうとうPCが壊れてしまった。もう、卒業しなさいということなのかな~~と考えていたところ、夫から新しいPCが送られてきた。とっても感謝はしているけれど、私としては、PCを触っていられる状況にはなかった。齢64ともなると、身の回りの年長者の人たちが、ぽつりぽつりとこの世を去って逝く。世代交代なのだということはわかっていても、善き人との別れは悲しくもあり寂しくもある。特に、知人のお子さんが28歳という若さで召されてしまった時は、何故…という思いしかなかった。入院中も親族以外では、私だけが面会を許されるというほどの信頼を寄せてくれていた子だっただけに、残念でたまらなかった。私は、病気がちで年中あちこちに不具合を生じているのに生きている。その意味を久しぶりに考えてしまった。この2年は、息子の手帳取得のために動き始めたのを皮切りに、人生の修行が始まったような気がしている。それでも、無風状態の穏やかな日々もあり、鋭気をやしなうには十分だったのでしょう。乗り切って平静さを取り戻している。潰瘍性大腸炎は、完全に寛解しているし、関節の痛みも、急激な進行は止まり緩やかになっている。先日、息子のケアマネさんからは、お二人を見ていると、本当に良い関係を構築されているなって思います。と、言っていただき、なによりもの嬉しい言葉だった。なお、安らかに運命愛を志向中。
[PR]
# by akarenge | 2012-09-06 13:02 | わたくしごと
昨日
体に不安を抱えながらも区役所の福祉課へ行ってきた。現在、息子には3人のサポーターの方々が付いてくれていて、何かと面倒をみて下さっている。今回は就職に関する話し合いがもたれてそれが決まった。奇しくも、息子の誕生日、母の四十九日が研修の初日となった。四十九日は前日の日曜日に済ませるので問題はなく、私自身もその日を一つの区切りにしようとの心づもりでいたので、2人の新たな門出には良き日にあたったな~と喜んでいる。息子との合言葉「人生は仲良く楽しく」を実践しながらの毎日に、これ以上の望みはないと思っている。尚、安らかに運命愛を志向中。

UPした「リスタート」は移動いたしました。
[PR]
# by akarenge | 2011-08-25 14:10 | 備忘録
あれから
e0028097_12415444.jpg
3月11日の震災で、亡くなってしまった宮城県の友人。被災した岩手県の友人。そして、昨年から入退院を繰り返していた母が逝ってしまった7月。震災以降、私の中にある言葉からでは見つけられない悲しみが、ずーーーっと胸の深い所で渦巻いていた。感情をあらわにしてしまうと、何かが爆発しそうで泣く事すら怖かった。ただひたすらに思考を停止させたまま過していたのに、せっかく緩解をむかえていた潰瘍性大腸炎が再燃してしまった。下血や関節の痛みとの闘いが始まってからは、母が望んでいたであろう私との関わり合いは薄くなってしまっていた。そのことが自責の念となって、胸が押し潰されそうだった。それでも、苦しみは潜在意識の中に閉じ込めて、諸々の懸案事項の解決のために、考えるのではなく、体と相談しながら動くことを始めた。夫からの精神的自立を果たし、昨年の5月から始まった息子関係の手続は総て完了し、青年後の後見人の見通しも立ち、あとは、親亡き後の生活が、つつがなく過せるようにとの準備を進めるのみとなっていた。息子のために結果を出そうと奔走していた私のその総てを、母は分っていたのかもしれない。孫の行く末に安堵したかのような静かな旅立ちであった。94歳という長寿ではあったけれど、何歳であっても親の死は寂しく悲しい。眠れない夜が続き疲れきっていたけれど、それらも時間が解決してくれているように感じるし、悲しい涙は流さないと決めてから7年、確実に強くなっている精神にも救われている。それでも、もう少し時間はかかりそう。今日は、息子の将来に関する話し合いのために福祉課に行くことになっている。今のところ、息子のためには動いているけれど、これが、私を少しずつ元気へと導いてくれている。自分自身との闘いは嫌ではないので、安らかに運命愛を志向中。これからが凄~く楽しみ。

7月、あれから・・・リスタート


Mailform

れんげのBBS

7月、あれから・・・リスタート
[PR]
# by akarenge | 2011-08-23 12:46 | 思うことありて